車買取への最終段階へ!わくわく高額買取♪

2017年10月16日

お久しぶりです、taraです。先週末は、実家の両親が熊本にやって来たので、温泉旅行に行ってきました。

九州には全国的にも有名な温泉地が多いのですが、熊本にも黒川温泉、菊池温泉、山鹿温泉、玉名温泉、人吉温泉とたくさん温泉地があります。中でも全国的に有名なのが黒川温泉でしょうか。山間部にある風情のある温泉地で喧騒を忘れてゆっくり温泉を楽しむことができる、大人な感じの温泉地です。1,200円で3軒の露天風呂が利用できる「入湯手形」もあるようです。入湯手形の有効期限は半年で、日帰りの方も利用できます。入湯手形は記念として持ち帰ることもできるみたいです。今回のお宿は「山みず木」さん。渓流沿いになる風情のある宿で、山の幸中心の創作懐石料理も上品な味で、家族水入らずでゆったりとした時間を楽しむことができました。両親も喜んでくれたみたいでよかったです。

で今回は母親にちょっとお願い事もありまして…車を買い替えることを報告し、母親に譲ってもらったホンダ・フィットの売却についても了解をもらえることができました。

「車の今現在の値段がどれくらいなのかを知りたい」という場合は、オンライン査定が大変便利だと聞きました。大手となる買取業者では、ネットを使って概算的な査定額を算定してくれます。皆さんが所有している車の下取り価格をつり上げる効果的な方策についてご紹介します。ちょっぴり手間がかかりますが、その分買取金額に開きがでますので大事なことなんだなーと。

正確な車買取相場を把握することって大事ですよね!たとえ、ガリバーやアップルなど中古車買取の専門業者に依頼するときでも、買取相場を知っているのと知らないのとでは、断然交渉の仕方が変わってくると思います。(僕はけっこう対面だと緊張するので、難しいかもしれませんが…。)

しかし毎日車買取相場は変化するわけです。状況にもよりますが、「ひと月しか経っていないのに20万円弱ダウンしてしまった」といったケースもあるようです。時節なども関係して需要が変化しますので、売り時をよく考慮することが重要になります。

下取りだと価格競争をする必要がありませんから、相場よりも低価格でしか売却できないと思った方が良いでしょう。ですから、車を売る局面では何社もの車買取業者に査定依頼をすることが大切です。車一括査定サイトというのは、車の査定金額を比較することに主眼を置いたサイトというわけなので、1社のみに査定を出してもらうよりも、高い金額で買取をしてくれる可能性が高まるでしょう。

というのも、ミニ・クロスオーバー購入に向け調べている中で、ホンダ・フィットの買い取り価格を調べていると、僕が乗っているフィットの年式。走行距離であれば予想よりも高く買い取ってくれる業者がいるようで、売却した分を購入資金に充てることができれば、購入資金のねん出がかなり楽になるんです。あ、ちなみに【車買取 熊本】で検索しました。母親にはいくらで買い取ってもらえるかは話しませんでしたが…ま、温泉旅行をプレゼントしたんでチャラということでいいでしょう(汗)。というわけで、車購入に向けた資金繰りの目途も立ったところで、一気に購入にこぎ着けたいと思います。車購入した暁には、Mちゃんと温泉旅…って気が早いかな。

初めての車選び、方向性固まる。

2017年10月2日

taraです。3連休最終日の日、先日知り合ったMちゃんとドライブデートに行ってきました。Mちゃんの自宅近くのコンビニへピックアップしに行くと僕の飲み物も買って待っていてくれました(嬉しー)。

で、早速Mちゃんのプランに沿って天草方面に向かいました。最初はぎこちない感じでしたが、次第に会話も弾んできたところで、天草五橋(別名:天草パールライン)に到着。

今日は天気予報の通りお天気も良く、絶好のドライブ日和だったこともありますが、海を見渡す絶景の中での運転は思わずスピードを上げたくなりました。でもMちゃんを乗せているので、至って安全運転です。(笑)

ドライブを満喫した後は「麻こころ茶屋」というカフェでランチ。もともと鮮魚店だった建物を改装したらしく一見するとカフェには見えないのですが、今日は連休中ということもあり、店内は込んでいましたね。内装はおしゃれで雑貨も販売していました。

食事もコーヒーも美味しかったので、また行ってみたいです。天草ではイルカクルージングなど3コースのクルージングが楽しめるようですが、今日は時間もなかったのでまたの機会にすることにして、帰路につきました。

帰りの車内ではお互いの趣味やファッションの話で盛り上がりました。その中で車の話にもなり、僕が買い替えを考検討していること、買い替え候補がミニ・クロスオーバーだと話すと「買い替えたら乗せてね」と好反応。やっぱりミニブランドは女性指示高いですね。って別に女子受け狙ってるだけじゃないですから(汗)。

僕なりにいろいろと情報収集したんですが、趣味であるロードバイクの運搬を考えるとキャリアを付けてもスタイリッシュなアウトドアテイストは外せないかなと。

運搬のことだけを考えればハイエースのようなバンタイプの車種にすればいいんでしょうが、ファミリー感が強いし、スタイリッシュじゃない。で、最終候補に浮上したのがミニ・クロスオーバーというわけです。買い替え候補が決まった次は購入資金をどうするかですが…まずは頭金の足しにすべく今の車の相場を調べてみようと思います。